当社は、永年の経験に培われた卓越した製造・管理技術と、最新鋭の機械設備を導入した集中制御方式により、原料糖の荷揚げから精製、包装、出荷にいたるまで完全自動化しています。

1.原糖倉庫
面積7,200平方メートル。原料糖
約50,000トンの収容が可能です。

中央制御室
原料糖から製品まですべての工程はコンピュータ
システムにより徹底した集中管理をしています。

4.真空結晶缶
濾過された糖液を真空結晶缶の中で加熱・濃縮し、
白下(結晶糖と糖液の混合物)が作られます。

6.大袋自動包装機

8.ロボットパレタイザー


9.グラニュ糖フレキシブルコンテナ

9.グラニュ糖アルミコンテナ

2.骨炭濾過装置
不純物を取り除いた糖液を骨炭濾過装置に
通し、脱色・精製をします。

3.精製工程から結晶工程へ
精製工程で精製・濾過した糖液はさらに
イオン交換樹脂塔やチェックフィルターを通って
結晶工程に送られます

5.製品分離器
できあがった白下を分離器にかけて
砂糖と糖液に振り分けます。

7.小袋自動包装機

9.製品自動倉庫
収容能力13,000トン。入出庫は遠隔操作の
スタッカークレーンで行う無人の立体倉庫です。

10.液糖用タンクローリー車

11.グラニュ糖用バルク車